月目-Tsukima-


第6弾となる月目のゲストは
日本のテクノ・トランスアンダーグラウンドシーンの黎明期から
常に第一線で活躍し続けてきたRee.Kが再登場!


2019.11.9(SAT)
Open/Start: 22:00
Venue: MOON & SPOON

Ticket Fee: 2,500yen(+1D)
Door: 3,000yen(+1D)

Special Guest DJ:
5 hour special long set
Ree.K(Hypnodisk)

Guest VJ:
Kota(from Tokyo)

DJ:
Nagase

Deco:
Matatabi


Ree.K(Hypnodisk)

Ree.K (Hypnodisk) 1992年、DJとして活動を開始。1997年、Space Gathering始動。Ree.Kの世界観は時代や場所を越えて、聴く人に「いまここ」にあるリアリティのこだまをひびかせる。同じひとつの宇宙の中にいるということをジャンルを越えて共振させる。それはこれまでにリリースしてきた4枚のMIX CD、音楽表現のみならず、Ree.Kが創るものすべてに通じている。
音で魂をくつがえし、宇宙をつくる音のシャーマン。音による意識の変革、ビートによる世界の修復を目ざす。特定の音楽のジャンル(genre)には属さない。むしろジャンルを問うことが無駄になるような場、様々な表現や意匠がやってきては、また差し引かれる穴のような、ジャンルが生成する場(generic)を響かせ、醸しだす。
優しく、つらぬく。受け入れ、破る。横断し、たばねる。
駆り立てて、誘う。尖っては、抱きしめる。挑んで、慈しむ。
際に臨み、へりを癒す。和をつむぎ、ことなりをはじく。
壊して、つなぐ。廻って、潜る。世界を与える、自尊を奪う。
そして…宇宙に返す、宇宙に還る。


Kota(from Tokyo)

プロジェクターを使ったVISUALなLIGHTINGをやってます。

Psychedelicで綺麗。神秘的でトランス。
気持ち悪くて曲がってる極彩色の光の渦をデジタルとアナログの隙間から音と時間の狭間からこっち側からあっち側に!