“MINT CONDITION”


2019.02.23(SAT)
OPEN/START 21:00

ENTRANCE FEE: 1,500(1D)

GUEST DJ:
LIVING DEAD

LIVE:
APACHE
TURO
OSGOBLIN
D.D

DJ:
cacao
HAKASE
PAR
Kitamularge (EVOL)


LIVING DEAD

ストリートアート集団、Under Ground RaILL Roadのトラックメイカー。 バウンシーなヒップホップベースの楽曲制作を最も得意としつつ、重低音ダブリミックスからメロウなアコースティックサウンドまで、振り幅広く音楽と音響を追求する生粋のミュージック・ラバーでもある。掬い上げた玉音をデジタルに落とし込み、様々な機器を駆使して磨き抜かれた最高音響でダンスフロアのヘッズ達を音の涅槃へと導く。 近年タイや台湾など海外でのプレイも積極的に行ない、トラックメイキングと共にDJとしての活動にも力を注いでいる。

2013年1stアルバム”Private Anthem”をMONOADAPTERよりリリース。 2015年ギタリストMarron a.k.a. dubmarronicsとのユニットDEAD MARRONICS名義でアルバム”SOMATERIAL”をSoftribeよりリリース。 スケートボードシーンからの支持もありTIGHTBOOTH PRODUCTION、GRAPEVINE ASIA、SKATE ATOMへのサウンドトラック、NAGAN SERVER、BUPPON、焚巻、STINKY SCIZA(BongBros)、Coumolyなどラッパーへの楽曲、MANTIS、BIJA、COLTECO、犬猿、Meisoが所属するユニットLIONZ OF ZION、インドネシアの民族楽器奏者ヴキール・スヤディー(SENYAWA)のRemix、ワークウエアメーカー”senelier”や革工房”yes crafts inc”等の企業が作成したPVへ音源を提供、写真家やペインターの個展用にMIX CDを製作する等、多岐にわたって活躍している。