“Banana Moon”

2018.6.23(sat)
MOON & SPOON

OPEN / START 20:00-

ADV: TBA
DOOR: TBA

GUEST LIVE:
あだち麗三郎クワルテッット

GUEST DJ:
HALFBY

DJ:
TFC
…and more


【あだち麗三郎クワルテッット】

音楽デザイナー。
1983年1月生まれ。
18歳からドラムとサクソフォンでライヴ活動を始めました。
風が吹いているようなオープンな感覚を持ち、片想い、cero、鈴木慶一、HeiTanaka、百々和宏、前野健太、寺尾紗穂、坂口恭平、GUIROなどのグループでマルチプレイヤープレーヤーとして、FUJI Rock Festival ’12では3日間で4ステージに出演しました。
シンガソングライターでもあり、ユニークな世界観、宇宙のノスタルジーでいっぱいのロマンチックな歌を歌います。
2013年のカクバリズムから7 シングル「ベルリンブルー 」3枚のソロアルバムをリリースしました。
最近は、プロデューサー、ミキシングエンジニアとして様々な音源をリリースしています。
また、様々なボディワークを学び続け、2012年頃から “あだち麗三郎の身体ワークショップ♪”を月に一度開催しています。

2006年 音楽があまりに売れないために音楽を辞めるか迷い、四国自転車野宿一週旅行に出掛け、帰ってシンガソングライターに転身事件。
2016年 SMAPxSMAPにサポートで出演するも、柱で顔が隠れ全く画面に映らなかった事件。
2016年 ライヴイヴェント当日の夕方にライヴ会場を予約していないことに気付き、急遽開催予定地から徒歩2分の会場を抑えることに成功する運の良さ事件。
2018年 フジテレビ「LOVE MUSIC」内にてやついいちろうに楽曲「富士山」が紹介され森高千里さんのお気に入りとなる。

Web:www.reisaburo.info
Twitter:@ rei3bro

2015年早春、ほぼ初対面の人たちを集めてバンドをつくりました。
バンドというのは、メンバー自体が音楽であると思っています。不思議なもので音楽というのは人の組み合わせで良くなったり悪くなったりするのです。
ぼくの持論で、メンバーを集めた時点でそこに著作権が発生してもいいのではないかと思います。それくらい大事なものです。
そんな中、あえて直感だけを頼りにメンバーを揃えてバンドを結成しました。その行為自体がセッションのようなものであり、演奏であり、有機体であるし、社会でもあります。
音楽を奏でるためにバンドがあるのではなくて、バンドがあるが故にここに「あだち麗三郎’s InnerVisionsの音楽」があります。


TOTAL INFORMATION:
MOON & SPOON
鳥取県米子市角盤町1-27-6 アルファビル5F
tel/fax: 0859-21-4335