“YONAGO FUCKIN CITY”

2018.05.19(sat)

OPEN / START 23:00
ADV: ¥2,300
DOOR: ¥2,800
※共に別途1ドリンク要

GUEST DJ:
DJ SARASA
DJ GEORGE
DJ TANKO

…and more


DJ SARASA

グラミー賞受賞アーティストQuestlove(The Roots)もツイッターで「DJ SARASA is an ill DJ(DJ SARASAはヤバいDJだ)」と大絶賛するなど、独自の世界観とDJスキルを持ち、日本はもとより世界を股にかけるインターナショナルDJとして活動している。
これまで『Ultra Japan』などのメインステージに立ち、George Clintonなどの数々のレジェンドの前座を務め、The BeatnutsやTalib KweliのバックDJとして活躍し、ソロ活動で世界中をツアーしてきた。2015年にはニューヨークディスコサウンドのトップレーベルSalsoul Recordsの音源を使用したオフィシャルミックスもリリース。更にNHKの番組「Eダンス★アカデミー」へのゲスト出演などをし、幼い子供達の可能性を広げる活動にも力を注いでいる。

ファッションアイコンとしても定評があり、日本を代表する鞄メーカーMaster-Piece x DJ SARASAシリーズ「Bag of Noise」は販売と同時に品薄に。さまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FURLAなどをクライアントに持つ。自身のブランドMynority ClassicsからリリースしたアイテムはSnoop Doggのインスタグラムに載るなど、その評判はワールドワイドに広がっている。

自身が手がけるパーティー『Speakeasy TYO』は毎月第一日曜日に開催。毎回違う場所で開催される移動式パーティーは、「異空間な開催場所とトップDJのラインナップが入場無料で楽しめる」として話題を呼んでいる。収入、趣味、国籍、年齢、性別、音楽ジャンルといった社会の線引きにより. 今まで遊び場が交わる事の無かった人々に呼びかけるイベントで、大人から子供まで楽しめるインターナショナルパーティーだ。

更に世界ツアー中に本場メキシコで食べたタコスを日本に紹介すべく、2017年5月には渋谷にてメキシカンバル『渋谷メキシカン Casa De Sarasa』をオープン。栄養素に富んだグルテンフリーのコーントルティーヤを使ったタコスが数々のメディアに取り上げられている。毎日元気に営業中!


DJ GEORGE

大阪出身。90年代後半、ヒップホップユニット DOBERMAN INC からキャリアをスタートさせる。マンモスパーティー『OSAKA SAFARI』、関西ヒップホップフェス最大の動員数を記録した『CARNIVAL』などを主催しながら、DOBERMAN INC、SEEDA、RYUZO などのツアー DJ も担当。その他数えきれない程のラッパーの BACK DJ を担当し、プレイヤーとして、オーガナイザーとして絶大な信頼を得ている。プレイスタイルは HIP HOP をベースとして、DUB STEP, TRAP, TWERK, MOOMBAHTON, HOUSE, TECHNO, BASS MUSIC を取り入れ、HIP HOP と BASS MUSIC の融合というニュースタイル。新しいムーブメントと共にいつまでも進化し続けるヒップホップをハイエンドなストリートから発信するアーティストである。


DJ TANKO

1959年神戸生まれ。幼少の頃より音楽に目覚め歌謡曲からPROGRESSIVE ROCK~SOULやFUNKまで雑多に聞き漁る、、、1979年初渡米先のNYでHIPHOPと遭遇。1982年ターンテーブルを手に入れ独学でDJを始める。以降数々のPARTY、EVENTへの出演、企画等を経て日本のHIPHOPの歴史に名を刻む、、、「HIPHOPは感覚」と言い切り、ジャンル/年代を問わない縦横無尽な選曲はCLUBのみならずLOUNGEやRECEPTION PARTY等でも絶賛されている、、、、

国内外で話題のクリエイティブディレクター / カメラマン米原康正(ヨネちゃん)との謎のユニット「50/50」も地下深くで何やら活動中、、、、

2012春より大阪を代表するDJ GEORGEが設立した「THE MENACE」に参加、、、、現在も毎週水曜日の「NASTY WEDNESDAY」月一開催の「STUNT」のレギュラー出演の他、各地のPARTYに不定期出演。2017春、PRODUCTION TEAM「OWLGANG」のメンバーとしてアルバム制作中、、、、、